« きつねそば@福村(そばの日) | トップページ | ざるうどん@丸亀製麺白岡店 »

中華そば@幸楽苑蓮田店

世の中の外食は、どんどん安くなっています。
牛丼戦争も有名ですが、ラーメンも安くなりました。福島発祥の幸楽苑も有名ですね。
地元の道路沿いにもあったので、初めて行ってみました。

Img2010100506

中華そば、290円です。
あっさり味が好きなので、前から食べてみたかったのですが...

Img2010100505

本当にあっさりとした味で、なかなかおいしかったです。
一緒に行った母は100円高い極旨醤油ラーメンというのを注文しましたが、そちらはもう少し旨味があって、よりおいしいかもしれませんが、好みですね。

牛鍋丼の280円といい、中華そばの290円といい、ちょっと安すぎるかもしれませんね。

|

« きつねそば@福村(そばの日) | トップページ | ざるうどん@丸亀製麺白岡店 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

さいたま」カテゴリの記事

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

喜多方ラーメンへようこらったなし。

喜多方生まれの義父によれば、戦時中はいつもにまして米に事欠いて、蕎麦も十分でなく、朝からラーメンを食べていたそうです。

ところが、相馬生まれの義母は、蕎麦やラーメンは会津の気の毒な人たちが食べるものだと言って、大みそかもそばを食べません。真っ白い相馬のコメを炊いて、魚を煮ます。立派な国際結婚でした。

投稿: Yukiko | 2010年10月11日 (月) 00時18分

yukikoさん、こんにちは。

蕎麦もラーメンも、昔風では「豊かな」食材ではないのでしょうね。私の両親は、そばはファーストフード、ラーメンは屋台という感覚がいまでも残っているようです。

大晦日に魚を煮る相馬のお義母様は、素敵です。

「ようこらったなし」は「いらっしゃいませ」の意味かな?

投稿: 鉄と馬 | 2010年10月11日 (月) 20時44分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中華そば@幸楽苑蓮田店:

« きつねそば@福村(そばの日) | トップページ | ざるうどん@丸亀製麺白岡店 »